スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用スケジュールの確認

今更ですが、アプローチする予定の会社の面接時期等は再度確認しておきましょう!

昨年と比べ今年は動き出しが早いです。


5月1日の時点で内々定をもらっている学生が4人に1人の割合となってます。

経団連の示す6月1日以降の面接というのはあくまで目安であって
実際に面接を行っているところはたくさんあります。


一つ間違ってほしくないのは、焦らなくていい、ということです。
周りがいくらたくさん内定をもらっていようと関係ありません。


あなたが本当に行きたい会社にだけ内定がもらえればいいのですから。


スポンサーサイト

絞込み

内々定が出始めるじきかと思います。
最終的にどの会社にするのか非常に悩ましいところです。

あなたが本当にやりたいことは何かを改めて考えた上で
少しずつ絞りこんでいきましょう!

そして、最後は直感です。
ビビっときたらそこにする、というのは
十分アリだと思います。

就職活動 連絡待ち

面接が終わり、

連絡を待っている間、落ち着かないですよね。


企業も真剣に選んでいるんです。


一人採用したらそれだけで大きな投資なのですから。

生涯賃金が2億円だとしたら、

100人内定で200億円。


いろんな要素で判断されます。


どんなに実力があっても人事との相性が良くなかったために

残念メールが届くことはざらです。


受けたら必ず内定がもらえるという期待は

今のご時世ではちょっと考えものです。



受けた企業の内、あなたを認めてくれる会社が一つでもあれば

それだけでも大きな収穫なのです。



内定がもらえたら会社に感謝しましょうね。


就職先の選択

早い人はもう内々定をもらっているのではないでしょうか?

特に、銀行などは最初の4日あるいは5日で

銀行側の期待する人材が

絞られていることと思われます。

SEなどの業種は昨年の冬には筆記試験が終わり、

3月には最終段階に近い面接が行われているところもあるようです。

内々定をもらえた方、

慎重に選択していきましょう。

本命の会社からもらえていればいいのですが、

そうでない場合は会社との調整が必要になってきます。

慎重に言葉を選ばなければならない場面もあるでしょう。

あらかじめ準備しておきましょうね。



非常に皮肉な話ですが、

この早い時期に内々定をもらえる方は

複数の会社からもらえているケースが非常に多いです。


逆に、まだ2次面接の方は自分の殻に閉じ困らずに

うまく進んでいる友人たちとの情報交換を頻繁に行いましょう。

また、2次募集を行う会社も出てくる頃でしょう。

内々定をもらえてない方はエントリーしておくべきですね。

  • SEO
  • loading
  • 就活ナビ
  • SEOブログパーツ
お気に入り


livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加
カテゴリ
ブログランキング
月別アーカイブ
リンク
SEOパーツ
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。