スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩達の様子を見る

来月から本格的に面接等が始まります。
大学2年生以下の方は、先輩方の動きをしっかり見ておくことを
おすすめします。

どんな会社を受け、どういう結果になったのか。
面接にたどり着くまでにどんな課題があったのか。

WEB上の情報ではわからない部分をいかに把握するかは
来年、再来年あなたが就活を進める上でかなり重要な要素となります。


できれば今のうちからOBと話をする機会もあるといいですね。
サークルの先輩など気軽に話せる人と、お酒でも飲みながら
仕事の話を聞けたらベストです。

これは就職後のことをイメージするのに大切なことなんです。


これだけ就職が難しい時期にもかかわらず
3年以内に会社を辞めてしまう新人が多いのも確かな現実なのです。


俺は関係ない。私は関係ない。と思っている方へ特に警鐘を鳴らしたいのです。
今はブラック認定等々で学生側もかなり警戒しながら会社を選ぶようになっておりますが

どの会社にもブラックな部分があるものです。
あなたの先輩の会社にもそんな部署や仕事があるのか?
どう対処してるのか?
聞けるといいですね(・∀・)
スポンサーサイト

就職活動 成績

就職活動で大学での成績が加味されるようになってきました。
まあ、銀行とかは昔から優、良、可、あるいはA、B、Cの数を
エントリーシートに書かされてましたけど。

自由に遊べるのが大学生の醍醐味というイメージはだんだんと薄れ
職を手に入れるために必死に勉学に励むイメージになっていくのかもしれません。

大学受験がゴールかと思っていた学生さんには酷な話かもしれませんが
しっかり大学でも勉強した学生を評価するというのは極めて真っ当な考え方ですから。
割り切って、勉強もしっかりやるしかないです。

あとは、勉強仲間を作ることですかね。
一人で好成績をとり続けるって結構大変です。
特に理系はいかに周りと協力して、試験前は過去問とかの情報収集をしっかりして
みんなで「優」あるいは「A」を勝ち取るという姿勢が大事ですね。

おそらくどこの大学も成績の付け方は相対評価ではなく絶対評価、
つまり、ある水準を満たせばAみたいな評価方法かと思います。

であれば、協力しない手はないですね。

新人社員アンケート

入社3年目の社会人に取ったアンケート結果が公開されてました。
質問内容は入社前にやっていればよかったと思うこと。
一番多かった答えは資格取得。
二番目がその業界の勉強。

就活の際の企業研究は大事です。
入社後に備えるという意味でも
学生の時に社会に関心を持って勉強した方がいいですね。

進路のイメージ

大学2年生以下の方


今のタイミングで先輩方の活動状況を見ておくといいです。


あなた自身の進路をどうするのか


判断材料は多いほうがいいわけです。


公認会計士を目指すのであれば、就職活動は完全に切るべきですし、


公務員を目指すのであれば、今のうちから筆記試験対策をしておくべきです。


そして、進路がまだイメージできていない方(ほとんどの人があてはまると思います)


SPIの問題を少しずつ解いていきましょう。


おそらくあなたが就職活動する年(2年後、3年後)は


採用がかなり厳しい時期になるかと思われます。


というのも最近の経済状況を鑑みると業績がかなり悪化し、


倒産まで追いやられる会社が増えることが予想されます。


ですから今のうちからできることは前倒しでやっておこうというわけです。


あらゆる可能性を考えて行動しておくことが大事ですね。


質問

どうしたら、満足できる就活ができるのだろうか?

どうしたら、内定をもらえるのだろうか?


という質問をあなた自身に常に問いかけましょう。

日頃から意識してるのと、
してないのとでは、

就活の時期に大きな差が生まれます。


  • SEO
  • loading
  • 就活ナビ
  • SEOブログパーツ
お気に入り


livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加
カテゴリ
ブログランキング
月別アーカイブ
リンク
SEOパーツ
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。